<   2005年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

ヌーン・コンサート   

今日は、お昼にクラシック・コンサートに行ってきた。
スタンフォード大学には、あまり知られていないが、音楽学部がある。
さらに、大学お抱えのカルテットがある。
このカルテットでバイオリンを弾いている人の犬と、うちの犬が友達。
ファーガス君はオス犬で、うちのソフィーはメス犬。ふたり(?)は仲良し。そんな関係でお誘いを受けた。

ヌーン・コンサートという名のとおり、「Bring your lunch」と案内状に書いてある。
「えっ、ランチを食べながら聴くの?」 そうではなく、「ランチを持ってきてお友達とおしゃべりでもしながら、始まる前にどうぞ」ということらしい。 「These informal performances will light up your day!」 だって。

コンサートは約1時間の短いもので、ハイドンの弦楽四重奏曲と、ドビュッシーのチェロ・ソナタ。
どちらもステキだった。
実は私は3歳からバイオリンを習っている。でも、とってもへたくそ。練習が嫌いで、上手に弾けないからバイオリンが嫌いだった。才能もまったくないのに、母は断固としてやめさせてくれなかった。だから、バイオリンが原因で母に反抗もした。
小さい頃のバイオリンは、決して楽しいものではなく、苦しいものだった。

それでも、他にできることもなかったし、唯一合奏は好きだったので、大学でオーケストラに入った。初めての定期演奏会。1年生だし、セカンド・バイオリンの後ろの方。客席からは見えない席。
それなのに、母は聴きにくるという。北海道の遠い町から。
「来なくていいよ」と電話で強い口調で言う私。でも「聴きに行く」と母。「だって、来ても私の姿は見えないんだし、飛行機代がもったいないよ」と、反発する私。
何度か押し問答した挙句、結局母が折れて、来なかった。

当日母の妹が偶然用事で上京してきて、聴きに来てくれた。叔母が、母は私の演奏曲目が決まってから毎日毎日、この曲をレコードで聴いていたと言った。とっても楽しみにしていたんだとも言った。私にとっての初舞台が、私以上に母にとっての初舞台だったのだろう。
チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番変ロ短調作品23。私の心の痛みの曲。

最近バイオリンのコンサートに来ると、いろいろな思いと美しい音が交錯して、いつも泣けてしまう。だからいつも一人で来る。
でも、あんなに嫌いだったバイオリンが今はとてつもなく好き。弓が弦をこすってバイオリンが鳴る。チェロと共鳴し、ビオラと響きあう。それが私の体に共鳴し、心に響く。
こんなに音楽好きになったのは、やっぱり母のおかげ、、、、。
e0012299_14134799.jpg

[PR]

by 22raspberry | 2005-06-29 22:22 | くらし

教わる幸せ   

このところ、人にものを教わる機会が増えている。
ひとつは、私の大の苦手なコンピュータ。
今日も友達先生に操作の仕方を教えてもらった。
「目から鱗」の連続。「あ、こんな簡単な方法があったのか!」とか、「このキーでこんなに操作が短縮できるのか!」とか。
今までの私は石器時代を生きていたような気がする。100万までの計算を、足と手の指を使って足し算でやっていたような。
このレッスンのおかげで、ギリシャ時代くらいまでは行ったかな。

最初友達は、私がもっと知っているんだろうと思っていたらしい。だから会話の中にコンピュータ用語がいっぱいで、私はなんだかチンプンカンプン。
メールで「次回からは高齢者に教えるつもりでお願いします」と頼んでおいた。

一度どうしても操作がうまくいかなくて電話で聞いたとき、友達先生は外出先。コンピュータがないのに、まるでコンピュータの前に座って話をしているように
「一番上の右端にOOがあるでしょ。それをクリックしてみて。」
「ほら、そしたらOOの画面が出たでしょ?」
「今度は左側にOOという表示があるでしょ。それをダブルクリックしてみて」
と次から次へと指示してくれる。
頭の中に画面が全部入っているらしい。すごいもんだなぁ、と感心した。

ブログも、友達先生が手取り足取り教えてくれたおかげで、ついに写真を入れられるようにまでなった。
私にしてみたら縄文時代から、いきなり明治時代、文明開化である。

人に何かを教えてもらうって素晴らしい。
ブログができたおかげで、友達からもたくさんコメントをいただいた。ありがとう。

友達先生のお家のほうへは、足を向けて寝られません。感謝です。
[PR]

by 22raspberry | 2005-06-28 21:20 | くらし

朝一杯の幸せ   

朝起きて、まずキッチンに行く。テーブルの上にミルクティー。
しょうがやスパイスがいっぱい入ったインド風チャイ。
夫が毎朝作る。

チャイの温度で、夫がいつごろ起きたのかがわかる。
すっかり冷めてしまっている時は、今日はずいぶん早起きしたんだなーと思うし、まだ熱いときは、起きてまもないってこと。
朝型の彼は、朝早く起きて静かな時間にひと仕事する。
起きぬけに、ていねいにチャイを作るのが彼の朝の儀式。
もともと私がインドで飲んで以来、気に入って作っていたのが、今ではすっかり彼の十八番になっている。
e0012299_12513286.jpg

そのチャイを飲んで、私の新しい一日が始まる。
シナモンやカルダモンの香りがたつ熱いチャイが体に染み渡っていく感じ。
ああ、幸せ・・・。
さあ、今日もがんばろう!
いい日になりますように・・・。
[PR]

by 22raspberry | 2005-06-28 11:01 | くらし

誕生会第2弾   

昨日は子供の誕生会第2弾!
第一弾は当日、イチローのリクエストで、スペア・リブを食べに家族プラス数人でレストランへ。今日はこの子のバースデーだというと、ウエーターのお兄さんが、アイスクリームにロウソクを立てたのを持ってきてくれ、他のテーブルのお客さん全員に「今日はこの子の誕生日です。みなさんも一緒に祝ってください!」言ってくれて、ハッピーバースデーの大合唱。
前はこんなこと、絶対にいやがっただろうけど、この日はまんざらでもない、嬉しそうな顔をしていた。
昨日はイチローの友達の家族がケーキやらチキンやら、いっぱいおいしいものを持ってきてくれて、もう一回みんなでハッピーバースデーの合唱。
幸せだね、イチロー。

この家族は私たちが3年前にカリフォルニアに来たとき、イチローのサッカーで知り合った家族。以来、子供が泊まりに行ったり、泊まりに来たりで、家族ぐるみで仲良くなり、二年続けてスキーにも一緒に行った。
パパ、ママはとってもオープン・ハートで、行動力もある。このパパが全部アレンジしてくれて、私たちは何もせず、楽しいスキー旅行を楽しませてもらったのだった。

昨日だって、ホントは私たちがお料理を用意してお招きする立場だと思うんだけど、「今日は用事でおいしいお店のそばまで行くから、いろいろ買ってくるよ」と言ってくれて、わたしは野菜料理とごはんを用意しただけ。
せめてもと、おいしいワインを買ってきた。
イチローは、ケーキを食べたら友達とさっさと映画に行ってしまって、あとは大人の楽しいおしゃべり。
おいしいものを食べながら、気の合った人と楽しいおしゃべり。
これ、ほんとに最高。
生きててよかった、と思うひと時なのであります。
e0012299_1545383.jpg

[PR]

by 22raspberry | 2005-06-26 11:15 | くらし

今日は子供の誕生日   

今日は長男の誕生日。私が始めて子供を生んだ記念日。
あれから15年か・・・。長かったような、あっという間だったような。

生まれたての赤ちゃんと二人っきりになった時、「あなたでしたか。おなかにいたのは」って感じでじーっとみつめた。なんだかとっても不思議な感じがした。
助産院を退院して家に帰ってきたとき、夫と二人で出てきた家を今度は三人になって帰ってきた不思議。ひとつの命を育てる責任をずしーんと感じた。

この子にはずいぶんてこずらされた時期があったけど、
今はもうとっくに私の背を超え、私との距離もうまくとるようになった。

キミがキミらしく生きていけるように、応援してるよ!
[PR]

by 22raspberry | 2005-06-24 18:42 | 子供

初めてのブログ   

持つべきものは友達。
コンピュータ音痴の私にやさしく教えてくれて、ついに念願のブログができた!

知り合いが次々とブログをやり始めたのに、私だけ遅れていて早く仲間に入りたーい、と思い続けて数ヶ月。
友達からの情報はあるのに、私が発信していないというアンバランスさがだんだん居心地悪くなってきていた。

よかった!これで、私も発信できる。
毎日書く自信はないけど、感じたことを書いてみよう。
時々遊びにきてくださいね。
[PR]

by 22raspberry | 2005-06-23 14:54 | くらし