カテゴリ:友達( 2 )   

たたずまいの美しい人   

日本から友達が子連れでやってきて、5日ほど泊っていった。
たまに家族以外の人と生活するのは、楽しいものである。
4歳の女の子と彼女が来てくれたおかげで、いつもは男ばかりでむさくるしい家が急に明るくなった。

女の子って、服はピンク、ピンクで可愛いし、大きな声で歌を歌ったりおしゃべりしたり、男の子と全然違うんだなあ。
うちのタロー、ジローに 「早くお風呂に入りなさーい」、とか「もう、寝なさーい」、とかお母さんのようなことも言うので、タロー、ジローは、タジタジであった。4歳の女の子なんて、どう扱っていいのか分からないんじゃないかと思ったが、結構可愛がって一緒に遊んでいた。

感心したのは、友達のたたずまいが美しいこと。もともと美人なうえに、背筋はいつもピッと伸び、動作がゆったりしていて、優雅なのである。

せかせかしていないのに、台所はすぐに片付けてくれるし、靴までそろえてくれるし、彼女がいる間、うちはきれいになっていた。洗ったお皿をかごに入れるのでも、その並べ方が美しいし、毛布やシーツも端がきちっとそろえてたたんであって、彼女のやることには、「美」がある。

彼女が帰った後、使ってもらっていた部屋に行ってみると、部屋はきちんと整頓され、寝具はきれいにたたまれ、ゴミ箱までからになっている。まさに「飛ぶ鳥跡を濁さず」である。
美しく暮らすって、気持ちがいいし、たたずまいの美しい人は、見ていて心地よい。
いい刺激になりました。
[PR]

by 22raspberry | 2006-03-09 22:14 | 友達

送別会   

Tさんこと、tiptop55 さんが日本へ帰ってしまう。
若草物語の4姉妹と称する4人とその家族が集まって、うちで送別会。
彼女とは、今年1月にお香の会で知り合った。日本で小学校の図書司書をしている友達ととても感じが似ているので、最初から親近感があった。話してみると、打てば響くような人。直球を投げても、カーブを投げても、見事に打ち返してくれる、そんな感じ。

そして、日系人を研究するSさんと、私設図書室を開いているYさんと、先祖が咸臨丸でサンフランシスコへやってきたというKさんと引き合わせてくれた。
Tさんが見えない糸をたぐり寄せてくれたかのようにして4人が集まり、意気投合して興奮してしゃべりまくったのが、確か春のことだった。

そのあとは、8月の忘れもしないY さん宅でのプールパーティー。柔道黒帯を持つTさんの夫をザンブとプールへ投げ落とすYさん。いやぁ、すごかった!

昨日うちで食べたり飲んだりしている間は楽しくやっていたのに、Tさんの車が行ってしまうと、急に寂しさがこみあげてきた。いつでも会えると思っていたのに、もういつでもは会えないんだ・・・。
Tさんに会った後は、いつも心が温かくなる。昨日も最後までいろいろ気遣ってくれて、その優しさの余韻が部屋に残っている。
Tさん、日本に行っても、お元気でね!
[PR]

by 22raspberry | 2005-12-29 23:42 | 友達