フィンランドのびっくりサウナ   

今日のパーティーで聞いてきた話。
友達のご主人が、この間、出張でフィンランドへ行ってきたそうな。
フィンランド人は親日的で、大層な歓待を受けたが、中でも驚いたのが、フィンランド人のお宅へ招待されたときのこと。
3階建てのその家の地下にプールとサウナがあって、さあ、泳ぎましょうということになった。
奥さんもやってきてパッとタオルを脱ぎ捨てると、素っ裸。海水パンツをはいていた客人たちは、水着姿では失礼だと判断して、自分たちもパンツを脱ぎ捨て、素っ裸で泳いだそうな。
そして、サウナへ。25歳の奥さんは生後7週間の赤ちゃんを連れてきて、あぐらをかきながらおっぱいをあげていたそうな。友達のご主人は目のやり場にとても困ったそうな。

フィンランドでは、家族でサウナに入る習慣があり、プールとサウナに招待されたということは、家族の一員のようにもてなされたという喜ばしいことなそうな。

            *                     *

外国から来たお客さまの前で、素っ裸であぐらをかきながらおっぱいかぁ、私にはとても恥ずかしくてできないなぁ。
フィンランドの人は、裸を恥ずかしいものとは思っていないのだろう。
では、なぜ私は裸を恥ずかしいと思うのか?
日本でそういう風に教育されたから?
裸が恥ずかしいというのは思い込みで、本当はそうじゃないの?
「恥じらい」なんて言葉は意味のない言葉なの?
恥の文化は日本だけ?

10歳のジローは、家族の前では平気だが、友達の前では絶対に着替えない。
人前で裸になるなんてとんでもないこと。でも、温泉は平気で入る。

友達のご主人にとって衝撃的な出張だったらしいけど、私もいろいろ考えてしまう夜でした。
[PR]

by 22raspberry | 2005-08-27 23:47 | くらし

<< 我が家のティーンエイジャー Happy Birthday!! >>