サザンオールスターズ   

友人がサザンオールスターズのCDをコピーしてくれた。
なかなかこれがいいんだなあ。
彼は神戸に20年近く住んでいるアメリカ人で、いい音楽ならジャンルを問わず好き。
この間は「アフリカのマリでいっぱいいい音楽聴いてきたよー」と言って、聴かせてくれた。
アメリカのジャズのルーツって感じ。聴きに行ったクラブに日本人男性がトランペットで演奏していたなんて話も聞かせてくれた。

私の大好きなCD、グレングルドーのバッハのCDも、Buena Vista Social Club のCDも彼が最初に聴かせてくれたものである。

サザンオールスターズは、以前メキシコシティーに住んでいた時に、ソニーのウォークマンで街を歩きながらよく聞いた。
CDの名前は忘れてしまったけど、サザンオールスターズの曲はメキシコシティーに実によく合っていた。
都会の喧騒、だけどそれがニューヨークのようなしゃれてはいない、どこか田舎臭さというか、人情味が残る都会によくマッチしていたのである。
こんなにこの街にマッチしているのが不思議なくらい。
サザンオールスターズは、このパロアルトには、合わない感じ。ちょっとこの街は自然が多すぎるのかな?
都会の喧騒さとそこに住んでいる人間の悲しさ、喜怒哀楽というものが感じられないからだろうか。ここは、ちょっと健康的過ぎるような気がする。
[PR]

# by 22raspberry | 2007-09-03 15:35

  

週末は仲良し家族と一緒に、シンガポール・レストラン(マウンテンビューのSpice Island)へ食事に行った。
こちらは日本に行ってきた話、向こうは中国に行ってきた話や、四川で英語を教えるボランティアをしてきた長男の話などで盛り上がる。

帰って来てから、夫が 「頭が痛い」 と言い出す。
彼はワインを飲むとたまに頭痛がするときがある。
「指圧してあげようか」と言って、床に座ってもらい、背中から肩、首から頭にかけて、指圧とマッサージを混ぜたようなものをゆっくりやってみる。 
ラベンダーのマッサージオイルを使ってみたら、いい香りが立ち、気持ちよさそうにだまってされるままになっている。
もうだいたいひととおり終ったのに、まだ足りない様子だったので、「顔もしてあげようか?」と言うと、嬉しそうに頷いたので、今度は寝てもらい、顔をマッサージ。
目の周りとこめかみを中心にツボを押さえ、あとはやさしく顔をなでるようにマッサージしてあげると、まもなくスーッと寝息を立てて寝てしまった。


いつもこんなに夫に優しくしているわけではない。
考えてみると、指圧やマッサージをしてあげるなんて実に久し振り。
この一年は引越し、思春期の子供の問題行動、家探し、家の購入、更年期障害、二度目の引越しと、結婚して以来の大変な年で、大変なあまり夫を思いやることをすっかり忘れていた。
本当は二人の絆をもっと強くして荒波を乗り越えていかなくてはいけないのに、波に飲まれそうになっている小さな木の葉の船で、お互いに批判しあっていたようなところがある。

今回日本に帰って、最愛の妻を亡くしたばかりの知人に会って、ハッとした。
奥様はまだ60代なのに、ガンで5月に亡くなってしまった。私が小学校1年生だった時の絵の先生。とっても素敵なご夫婦だった。何が素敵かって、二人がお互いを思いやって生活している様子が、いつも伝わってくるから。言葉や態度の端々にそれが表れていて、お互いが出会ったことを常に感謝している気持ちがこちらにも届く。
お宅にお邪魔したあとは、いつも温かい気持ちで岐路に着いたものである。あんな夫婦に私もなりたいと思っていた。

ところがである。この一年の私ときたら、悪い状況を嘆き、文句ばかり言っていたような気がする。
ああ、いけない、いけない。夫との出会いに感謝し、もっと優しくしてあげよう。こんな私と一緒にいてくれる、私にはかけがえのない人なんだから。

思っているばかりじゃダメ。行動に移さないとね。
それで、指圧とマッサージとなったわけです。
いつまで続くかな? なんて言わないでね。
がんばってみますので。
[PR]

# by 22raspberry | 2007-09-02 19:42 | 家族

今日から新学期!   

長い長~い夏休みが終わって、やっと今日から学校が始まった。
ここは8月の末から学年度が始まる。ジローは中学2年生なった。

隣の子が今年から同じ中学に入るので、朝一緒に行ってくれるよう頼まれていた。
K君は早々と外でジローを待っている。今日から二人で一緒に自転車で行く。

日本だと、中学生になると制服を着たりしてちょっと大人になった感じがするけど、ここは私服にバックパックだから、見た目は小学生の時とたいした変わらない。K君は小柄で童顔だし。
それでも、ちょっと緊張した面持ちでジローを待っている姿は可愛いかった。

夕方聞いたところによると、K君は10時ごろ、学校から帰されて一人で歩いて家に戻ってきたという。
学区外から来る子供が提出しなければいけない書類が出ていなかったということで、校長先生から帰るように言われたというのである。そんな子が数人いたという。
「そんな、初日に冷たいこと・・・・」。しかもここはちゃんとした学区内である。
校長先生の明らかなミス。期待に胸膨らませていったK君、かわいそうに、よっぽど心細い思いをしたことだろう。

たまたま彼のパパが家にいたからいいけれど、いなかったらどうしたんだろう。パパは事情を聞いて、すぐに教育委員会に書類を提出しに行ったところ、「学区内だから、書類は必要ありません」と言われ、K君をまた中学校に送り届けたというが、相当怒っていたらしい。
そりゃあ、怒って当然。

ここパロアルト市は、公立学校が優れているというということで、他の地域から越境入学をする人がいるため、住所確認がとても厳しくなっている。住所の入った税金の支払い証明書、光熱費の領収書、銀行からの正式な住所証明が必要なのである。
きっと校長もピリピリしていたに違いない。だけどねえ・・・。
初日からとんだとばっちりを受けたK 君、明日は笑顔で行けるかな?
[PR]

# by 22raspberry | 2007-08-29 17:35 | 子供

ブログまた再開します   

みなさま、お久し振りです。
去年の6月から急にブログを書かなくなって、早くも1年が経ってしまいました。
遊びに来てくださった方、ごめんなさい。

「チベットに修業に行った」なんて噂も流されたりしたみたいですけど、そんなことは全然なくて、ずっとアメリカにいました。
2回の引越しと家の購入、思春期の子供の問題行動、大好きな先生のガン闘病、私の就職など、厄年(いや、もうとっくに終わってますけど・・・)かと思うほど、色々なことが次から次へと起きて、ブログを書くどころではなくなっていました。

でも、やっと暗雲が通り過ぎた感じ。
やっと、またブログを書き始めようという気になれました。
よろしかったら、時々遊びに来てくださいね。
[PR]

# by 22raspberry | 2007-08-26 14:51 | くらし

ああ、勘違い   

夕方、知り合いから電話があって、ちょっとしたことを頼まれた。
私は、内容を聞いて、親しい人なので気軽に引き受けた。
ところが、最後の方になって、どうも話のつじつまが合わない。
もしかしたら、私が思っているAさんとは別のAさん??

携帯にかかってきたので、声が聞き取りずらく、最初に 「Aです」 とおっしゃった声がそっくりだったので、完全に勘違いしてしまった。
それに、ふだん私はこの方を苗字で呼んでいて、ファーストネームは知らないのである。
電話をしてきたのだって、もしかしたら初めてかもしれない。

ああ、予感的中。まったくの別人であった。
しかし、引き受けてしまって、ひとしきり話をした後で、「別のAさんだと勘違いしていました」とは、とても言いずらくて、言わないまま電話を切ってしまった。
なんとなく後味が悪い。

どうして正直に勘違いしていたと、言わなかったのだろう。
言ってもよかったんじゃないのか。
別人だとわかったら、引き受けなかったのだろうか。

あれこれ考えてしまう自分をもてあましている。
[PR]

# by 22raspberry | 2006-06-08 13:45 | くらし

6ヶ国語を話す学生   

一週間に2回、大学で日本語のクラスを受け持っている。
ほとんどが日本語クラスを修了した学生で、日本語を維持するために設けられている特別なクラスである。

だから、文法や漢字の学習ではなく、ディスカッションを主体にしている。
全員が日本に短期留学した経験があり、まあ、皆さん、驚くほど日本語が上手。
日本で会うアメリカ人は、日本語をあまり話せない人が多かったが、ここに来て、アメリカ人は日本語が下手だというのは、まったくの偏見であることがわかった。

そして、語学にたけている人というのは、数ヶ国語をなんなく話すのである。
ある学生は、ドイツ語、フランス語、英語、日本語、イタリア語を話し、今中国語を勉強している。
もう一人の学生も、日本語のほかに3年生になってからイタリア語を勉強し始め、来年はイタリアに短期留学するのだという。

2ヶ国語を習得すると、3ヶ国語、4ヶ国語を勉強するのは、それほど大変なことではないらしい。
もともとラテン語から発生している言語は、難しい言葉になればなるほど、似通った単語になるから、推測で結構いけるという。

何語が一番難しいかという話になって、意見がばらばらに分かれたのだが、全員が 「日本語はそれほど難しくない」 と言ったのには驚いた。母音が五つしかないので、発音も簡単だという。
たいていの日本人は、外人にとって日本語は難しいと思い込んでいるのではないだろうか。

英語で四苦八苦している私には、本当にうらやましい人たちである。
[PR]

# by 22raspberry | 2006-06-05 14:10 | キャンパス・ライフ

人気のいなり寿司   

今夜は、去年この寮に住んでいた学生達の同窓会があって、顔を出す。
いなり寿司50個を差し入れに持っていく。

この寮に来てから、いなり寿司を何個作ったことか。
味付けされた皮を買ってきて、寿司ご飯にゴマをまぶして詰めるだけ。
簡単だけど、みんな喜んでくれる。
試験の時には、一度に100個作って、夜食に出してあげる。
学生が 「ありがとう、おいしかったです」って、わざわざメールをくれたりするので、こちらも嬉しくなる。

今週はいなり寿司の出番が多い。
昨日はバークレーから夫の古い友人カップルが来たので、手巻きをし、ついでにいなり寿司も少し。
私が教えている日本語クラスは今週が最後なので、いなり寿司とカリフォルニア・ロールで、小さなパーティーをする。

そして、週末はここの寮の学生全員を招待して、年度末の最後のパーティー。その時も100個作る予定。
簡単で、おいしくて、みんな喜んでくれるから、いなり寿司は私の定番。

9月に学生が新しく入ってきたは 「Inaari~?」 なにそれ?寿司なの? って顔をして聞いてくるので、「豆腐を揚げて味付けした中に、寿司ご飯が入っているのよ。ゴマも入っているし、豆腐とお米と酢だから、ヘルシー。食べてみて」と、説明する。

1年たつと、みんな「Oh Inari, Thank you !」 となる。
日本語を勉強している学生には、別名「おいなりさん」とも言うと、教えてあげる。
夜食に 「いなり寿司」 を食べたことが、この寮の思い出のひとつになってくれればいい。
[PR]

# by 22raspberry | 2006-05-31 15:16 | Food

人なつっこい犬   

アイリッシュ・パブの外で、ご主人を待っていた2匹の犬。
ちょっと声をかけたら、喜んで寄ってきて、これ、このとおり。


e0012299_1353975.jpg

e0012299_1351850.jpg

[PR]

# by 22raspberry | 2006-05-25 13:05 |

アーティチョークの季節   

八百屋に行ったら、アーティチョークがいっぱい並んでいた。
日本ではまだあまり見かけないが、ここから1時間ほど南に下ったワトソンビルというあたりが、カリフォルニアでは産地である。
この間、モントレーに行った時、わき道を入ってみたら、そこは海まで続くのかと思うほど延々と広がるアーティチョーク畑。高さ2メートルほどの茎に、たくさんつぼみをつけて、それは圧巻であった。
e0012299_1132385.jpg

つぼみをゆでで、一枚ずつガクをはぎ、その根元を歯でそぎ落とすようにして食べる。夫はレモンバターにディップして食べるのが好きである。アーティチョークは食べ方に特徴がある。手で上と下の歯にはさんで肉をそぎ落とすので、ちょっと他の野菜とは違って、ワイルドである。
そして、ガクがなくなったら、アーティチョーク・ハートにたどり着く。これが、アーティチョーク好きにはたまらない。
百合の根に似た感じの上品な味。ここにたどり着くために歯でシゴシゴしながら、食べてきたかいがあったというもの。

モントレーのレストランで、前菜メニューにアーティチョークのフライがあったのて、頼んでみた。
アーティチョーク・ハートにパン粉をまぶして、油であげてある。でも、アーティチョークそのものは強い味ではないので、せっかくの繊細な味が消えてしまい、いまいちであった。
日本のシェフなら、もっと味を生かした調理法を考え出すような気がするんだけどね。
[PR]

# by 22raspberry | 2006-05-24 11:10 | Food

ブログ再開   

皆さま、お久し振りです。
しばらく、ブログを更新していなくてごめんなさい。
1ヶ月近くも書かずにおりました。

東京の友達から、「ブログが更新されていないけど、お元気ですか?」と心配のメールをいただきました。
この1ヶ月あまり、超多忙で、書く時間がなかったという単純な理由なのです。
今調べてみると、なんと、1ヶ月前と同じだけの人が、毎日訪ねて来てくれていることがわかり、せっかく来てくださった方にとても申し訳ない気持ちになりました。すみません。
来てくださって本当にありがとう!

また、がんばって書きますので、よろしくお願いします。
[PR]

# by 22raspberry | 2006-05-23 12:05 | くらし